パーソナルコーチング

<クライアントさんから公開okなコメントをいただきました。>

パーソナルコーチングとは?

自己の成長、問題解決のための「新たな習慣」を創り出すために、コーチがクライアントに質問を投げかけていく対話の手法です。
物事に対する視点を変換していくことで行動をお越し、さらに促進させていくものです。




パーソナルコーチングを行った主婦のKさんです。
------------------------------------------------------------------------------
“認める”

人との関わり方がわかりました。
相手を認めるということがわかりました。
夫が自分の心がけで変わりました。

自分を見つめ直すことができました。

だけど、現状を知ることはつらかったです。
「なりたい自分 → なれない自分」
今はもどかしさがありますが、きっとこれからよくなるんだろうなと自分で思えます。

これからセッションを進んでいくのが楽しみです。


間が良かったです。
アドバイスが求めているときに(言葉にはしていないが)ピッタリとタイミングがあっていました。

------------------------------------------------------------------------------
ありがとうございます(^o^)


コーチング構造図
(コーチングのGROWモデルに似ていますが、ベースは、えにし屋 清水義晴さんが開発した<未来デザイン考程©>をもとに考えられています。)



先日は、行ったパーソナルコーチングのセッション2回目。

現状把握の局面です。



コーチングワークシートを使いながら、クライアントを取り巻く現状を明確にしていきます。

この局面では、クライアント本人の内面の環境と、それ以外の外部の環境をひとつひとつ洗い出していきます。


ここでコーチは、クライアントの声に傾聴し、本当に言いたいことはなんなのか?じっくり探っていきます。

そのためにいろいろな角度から質問を投げかけていきます。

「色は?」「カタチは?」「どんな気持ちだった?」



ひとは、思っていることとそれを言葉にしたときとズレが生じます。

それらを深く「聞く」ことで心が発する本当の「声」を感じ取り、いまのクライアントにぴったりな言葉を探し出し、コーチングワークシートに書き記していきます。



ワークシートを使ったコーチングのメリットは、
・カタチに残るのでいつでも見返せる。
・焦点がブレにくく、問題解決、目標達成が早い。
・いちど言葉にしたことを書くことで、「こんなこと考えてたんだ」と自分を知ることができます。
・「コーチに引き出された → 自分で引き出した」のように自分の出した答えに納得し、自信が持てる。



パーソナルコーチングも起業コーチングも根本は一緒です。

専門家につくってもらった事業計画が実行できないという方がたくさんいらっしゃいます。
「本当にこれでいいのだろうか?」「この計画は自分には向いていないかもしれない・・・。」

これは、自分の思いが込められておらず、結果、自信が持てない状態です。
一番大事なのは手法ではなく、それを実行する推進力ですよね(*^_^*)



次回は、「ビジョン(将来像)を描く」局面に入ります。


コーチ 川島孝明


パーソナルコーチング・起業コーチング・ビジネスコーチングの詳細はこちらです。
起業コーチング
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://minnanoniwa.blog.fc2.com/tb.php/154-a3327e5f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

みんなの庭

Author:みんなの庭
みんなの庭は、
母親がほっとできる場所や自分自身を知り、親子の絆を深めるきっかけをつくることで、イキイキとしたお母さんを増やします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ